医療保障と生命保険

医療保障と生命保険についてあなたは知っていますか? - 30代の医療保障とは

30代の医療保障とは

生命保険には死亡した場合の保障をしてくれる死亡保障と、病気や怪我に対する保障をしてくれる医療保障があります。
30代の医療保障は、どのようなプランにするのが望ましいのでしょうか。
医療保障は現実的に生存中に利用する生命保険です。
万一に備えると言う意味では大変重要なウエイトを占めるものだと思います。
働き盛りを迎えた30代の医療保障はどの程度が良いのでしょうか。
これまでの人生の中で大した病気も、怪我もした事が無い人にとってはピンとこないかもしれませんが、ピンと来なくても入院日額5000円程度は最低でも保障しておきたいものです。
とりあえずと言う形でも良いでしょう。
また、日本人の死亡原因の第1位は悪性新生物、つまりガンです。
ガンは、40代以降になると発症率が上がると言われていますが、がん保険の加入も検討した方が良いでしょう。
というのはガンになってからではガン保険には加入する事が出来ず、莫大な医療費を自己負担しなければならなくなるからです。
また、保険料についても、30代のうちの方が断然安いので、加入しておくことがお勧めでしょう。
家族の構成によっても、医療保障は手厚くする必要が出てきます。
子供が居る場合には、入院日額5000円では足りないと思いますし、せめて10000円は欲しいところでしょう。
また、ガンを含めその他の成人病の特約なども付加しておくと良いと思います。
病気の種類によっては、その特約分の入院日額が増額されるからです。
医療保障だけをピックアップするなら、入院日額は10000円程度の確保があれば、退院後の生活もカバーできると思いますし、また、医療費を支払う際にも役立てる事が出来ると思います。
夫婦でそれぞれに医療保障を10000円ずつつけておけば、何とかなるのではないかと思います。
また、通院特約というものがありますが、これも怪我の場合などには大変役立ちますので、出来れば付加しておくと良いと思います。
生命保険に加入するにあたり、年齢によって保障の大きさや医療保障の内容も変化してくると思います。
特に30代の死亡保障について取り上げてみると、30代は結婚や家族が出来たり、仕事でも働き盛りを迎えたりしますので、やや高めの保障が必要になってくるかと思います。
結婚をした場合には、子供が生まれる可能性もありますし、自分自身が亡くなった後の生活について考えて行かなければなりませんし、そうなると手厚く保障が欲しくなってくるのではないでしょうか。
例えば、30代の夫が結婚し、妻が仕事を辞めて専業主婦で居たとします。
子供が2人居たならば、主な収入源である夫に何かあった場合には、妻が再就職するまでには多少の時間がかかることでしょう。
また、2人の子供がある程度成長するまでの期間の生活費にも困る事となり得るでしょう。
こうした事を考えると、30代の死亡保障は非常に重要なウエイトを占めるものだと思います。
具体的な金額としては、夫なら2000万から6000万、妻なら1000万から3000万は必要だと言われています。
既に加入している生命保険がある場合は、生命保険ランキングで一括資料請求で保険を見直すことがお勧めです。hgrshere
解約して新たに加入するよりも、見直す方が保険料の上がり幅が小さくなる可能性があるからです。
生命保険は加入時の年齢と保障額によって保険料が変動するために、少しでも安くしたいのであれば、見直すことが良いでしょう。

見直す際には、子供が身の周りのことを出来るようになるまでの期間にだけ手厚い保障を確保することができる定期保険や、収入保障保険などが良いと思います。
各生命保険会社で比較してみることも良いでしょう。
30代の生命保険は、家族のサイズに合わせて死亡保障を手厚くし、夫婦の万一に備え、出来れば夫婦別々に手厚く死亡保障を確保することが大切なのではないかと思います。
子供の数によっても保障額を考える必要があり、大切な事になって行くと思います。

新着情報

◆2016/09/02
30代の医療保障とはの情報を更新しました。
◆2015/08/03
40代の生命保険についての情報を更新しました。
◆2015/08/03
40代の医療保障についての情報を更新しました。
◆2015/08/03
ニーズによって生命保険を選ぶの情報を更新しました。
◆2015/08/03
どの窓口から加入するのが良いのかの情報を更新しました。